■プロフィール

レオタートル

Author:レオタートル
reoturtleブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

■FC2カウンター
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
旧芝離宮恩賜庭園
SANY0230.jpg
昨日は浜松町に行って来ました。・・・メイン目的はもちろんどんぶり市! 
11時開演少し前に会場に着きましたが、すでに300名ほど並んでいました。

入場しましたが、あっという間に人の山ですべてのブース 人をかき分けないとじっくりは見れない状況。
すぐに1時間ほど経ってしまい昼食がてら外に出てその帰りにこの庭園に寄ったわけです。

SANY0234.jpg
ここでも目が行くのは亀たち。それらはすべて赤耳亀。のどかでいいのですが、由緒ある日本庭園に外国産の亀たちが和んでいる。やや複雑な気分になりましたが、彼らになんら罪はないわけですから。ここはこの彼らには天国でしょう!


SANY0235.jpg

さてどんぶり市の写真はこの一枚。本当は亀中心にたくさん撮ろうと思っていたのですが、迷惑かなと思いやめました。結果なぜかこの写真のみ。
SANY0229.jpg
亀も蛇も蜥蜴ほかすべてのブースを何周もぐるぐると歩きましたが、今回特に蛇のブースでその個体たちの美しさに改めてびっくりしました。各ブリーダーがこだわって繁殖させているのがあきらかで、それぞれが個体も飼い主もともに自信にあふれている感じを受けました。もちろん蛇にかかわらずそれぞれのブリーダーたちの自分の愛好する種への熱い想いを、お客さんとの会話ついつい聞きながら感じたしだいです。

そうなると自分もまたあらたに燃えてきましたが、やはり自分はどうも亀 今回会場で、頬赤泥亀がいましたが、
あらためて顔がオレンジや赤くなる種(モリイシや赤いカントン)に強くひかれていることに気づき、ベビーから育てあげて見たいと思う今日このごろです。特にこの写真のような個体を育ててみたい。

大変すばらしいイヴェントがあるおかげで自分の飼育熱も維持されていることを思うと法の改正でマイナスな方向にならないことを切に祈りたいです。

なお、11月6日のHBMに久しぶりに小規模ですが出させていただくことにしました。
(ニホンイシガメ、ウンキュウ、カントンクサガメ)





SANY0228.jpg


スポンサーサイト
未分類 | 20:17:39 | Trackback(0) | Comments(2)
モリイシの秋
SANY0183.jpg
SANY0184_SP0000.jpg
ここ数年モリイシの繁殖は失敗続き。
この2年はボス格のオスのみで繁殖を試みましたが、どうもオスに問題があるようです。
今年は他のオスにもチャレンジしてもらうつもりですが、そうかんたんにはいきません。ただ、今日は仕掛けはしましたが、偶然違う2ペアのあまり公開はしないほうがいい画像とは思いますが、このような場面に遭遇できましたので記録としてアップしてみました。

モリイシ | 15:19:29 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。