■プロフィール

レオタートル

Author:レオタートル
reoturtleブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

■FC2カウンター
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
2013カントンクサガメ
SANY005220150122-2.jpg
SANY004920150122-1.jpg
冬場は基本的に室内で保温管理している個体を観察するぐらいしか楽しみがない。
2013で残したカントンの一匹。甲長で9,5cmあまり。顔はどう見てもオスに思える美男子だが、
なぜか尻尾はメス的。私もそれなりにカントンを見てきたが、小さいうちに雌雄がわかる域にはない。
モリイシガメもそうだが、カントンも雌雄判別意外に難しい個体がいる。
メスだと思っていたのが、意外にもある時から尻尾が発達してくることがあって
要するに結構性成熟に個体差があるということ。
いずれにしてもあと一センチぐらい甲長が伸びた時にははっきりするでしょう。
それよりこの個体は非常に愛嬌があり、表情が豊かでおもしろい。


SANY006220150124-1.jpg
SANY006520150124-2.jpg
写真追加
この下の2枚の個体上記とは別の個体でほとんど大きさは変わりませんがオス確定してます。
尻尾は写っていませんが総排泄孔が甲羅の外のほうに向かっています。
まだ小さいのに前足の黒の部分がオレンジに変化しつつあるところも出てきている期待の一匹。
甲羅もワイン色。
SANY008120150126-2.jpg
SANY007020150126-1.jpg
SANY008320150128-1.jpg
スポンサーサイト
カントン | 21:48:33 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015-04-29 水 00:13:36 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad